*

コロナウィルスも怖いけど、実はインフルエンザのほうがもっと怖い?!

公開日: : 最終更新日:2020/02/02 防災 ,

200201ふがしです!

去年末から中国で急速に感染拡大が進み、いまや世界各地に感染者を生み出し続けているコロナウィルスによる新型肺炎。
中国では武漢を閉鎖し、町はゴーストタウンのような様相。まるでパンデミック映画の世界です。怖いですよね。僕も出かけるときはマスクを欠かしませんし、外出先でお手洗いがあれば、できるだけ手を洗うようにしています。
自覚症状がないのにも関わらず、他の人にうつしてしまう、というのが恐ろしいところです。
現状の感染者数は1万人。死者数は259人。
毎日数字を追いかけながら、増え続けているなあ、怖いなあ、と思っておりました。
ですが、ふと思ったのです。
よくよく考えてみたら、インフルエンザとかのほうが、うつるし死ぬんじゃないか、と。

実は毎年インフルエンザに罹っている日本人は大勢いる!

調べてみると、インフルエンザにかかる日本人は平均1000万人おり、死者は1万人にもなるのだそう。
死亡率はコロナウィルスの2~3%に比べると、0.1%とかなり低いですが、感染力に関してはインフルエンザのほうがずっと恐ろしいですね。
たしかに、新型コロナウィルスにはまだワクチンもありませんし、罹ってしまったらあとは自力で回復するしかなく、高齢者や持病があるかたには恐ろしいものだとおもいます。ですが、現状まだ日本では十数名しか感染者が見つかっていません。であれば、コロナウィルスよりもインフルエンザの対策をしたほうが、懸命かもしれません。
どちらにしても、常に手洗いを欠かさずにすることが大切なのだと思います。

マスクは――現状、どこに行っても買えないのであきらめましょう!
どのお店にいっても、マスクのコーナーにあるのは蒸気でホットマスク系しかなくて笑ってしまいました。
先週までは全然マスクあったのになあ……。

とはいっても、マスクの効果はどちらかというと、罹ってしまったあとに、他人にうつさないようにするためのものなので、できれば罹ってしまっているひとに優先的に行き渡るようになると良いですね。

――おわり

 

関連記事

台風一号いまだ発生せず!ついに歴代3番目の遅さに!!

ふがしです! 前回、”NASA発表!『2016年は史上最も暑い夏になる!』今年の夏は色々ヤバイ

記事を読む

南海トラフ震源域で「ひずみ」が蓄積。海上保安庁の調査で判明!

ふがしです。 海上保安庁が2006年から行っていた、南海トラフの震源域内15地点の調査で、広範

記事を読む

南海トラフ地震の気配が忍び寄ってきている・・・?

ふがしです! ここのところ、たびたび地震がどうのこうのと記事を書いていますが、僕がビビりなわけ

記事を読む

東京湾で震度7の誤報!原因は雷雲?!

  ふがしです! 8月1日の午後5時過ぎ、東京湾付近を震源とする最大マグニチュード(M)

記事を読む

首都直下地震、大丈夫?2016年早々、南関東がきな臭い・・・きな臭くない?

ふがしです! 先月、JESEAからの緊急連絡がありました。(先月の記事) 記載さ

記事を読む

【南海トラフ地震】政府より発生が懸念される南海トラフ被害想定動画公開!

ふがしです! 発生した場合の被害が甚大で、いつ発生するのかと常日頃びくびくしてしまう南

記事を読む

JESEAが島根と鳥取の地殻変動により警戒レベルをアップ!しばらくは気を抜けない?!

  ふがしです! 2016年5月11日に発行されたJESEAからのブログで、鳥取と島根周

記事を読む

【防災】自分の住んでいる地域の地盤をチェックして地震にそなえよう!

ふがしです。 朝日新聞デジタルに、日本の細かい区分ごとの地盤の強度を調べることが出来るチェッカ

記事を読む

三陸沖で地震多発!過去にもあったけど、なんだか不気味・・・

  ふがしです! 一日一回、yahooの地震情報を眺めるのが日課の僕ですが、今朝がた覗きにい

記事を読む

大地震の通電火災対策!スイッチ断ボールでブレーカーを自動遮断!

ふがしです! 首都直下型地震や、南海トラフ地震が起こった時に怖いのが火災です。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。



  • いつも独り言ばかりで寂しいから、是非フォローしてください。オナシャス!!
  • 相互RSS(募集中!