*

自動化の果てに自我は存在し得るのか?円城塔の短編『リスを実装する』

公開日: : 最終更新日:2015/09/06 ,

ふがしです。

一年に平均50冊くらいしか本を読まない僕は、大体決まった好きな作家さんの新作を追いかけて読んでいるのですが、先日、大好きな円城塔さんの新作まだ出ないのかなーと検索をしていたら、なんとkindle singleで新作の短編『リスを実装する』が発表されていたではありませんか!

っちゅーわけで、早速ポチってみました。

円城塔さんとは――

円城塔(えんじょう とう)
北海道札幌市生まれ。2007年、『オブ・ザ・ベースボール』で第104回文學界新人賞、2010年、『烏有此譚』で第32回野間文芸新人賞、2011年、第3回早稲田大学坪内逍遙大賞奨励賞、2012年、『道化師の蝶』で第146回芥川龍之介賞受賞。
2014年、”Self-Reference ENGINE” で Philip K. Dick Award, special citation 受賞。

といった感じで、芥川賞をもらったときには審査員だった石太郎が「わけわかんないからってありがたがってんじゃねえぞクソが」と、激しく円城さんや他審査員のことをdisったことで有名ですが、まあ実際、わりとわけわかんない小説を沢山書いている方ですね。あ、僕視点でです。

 

 

円城さんの魅力は、この「わりとわけわかんない」ことなのだと思うのです。畳み掛けるようにわけのわからない雰囲気の濁流の中に、自分自身を浮かべて漂うのを楽しむのが、正しい円城さんの楽しみかただと思うのです。

そんな円城さんの新作「リスを実装する」のあらすじは、というと――

画面の中に広がる森を走り回るリスを観察する一人の男。男は容赦なく自動化のすすむ社会に生まれ、様々なものを自動化し、自動化をすすめることで仕事を失い続けてきた。男はリスを観察しており、読者は男を観察している。男はリスの住む世界を想像する。まるで読者が小説の登場人物の暮らす世界を想像するようにして。

という感じ。他の円城さんの作品からすると、わりと普通なイメージ。(あくまであらすじが)

そもそも18ページしかない小品なので、このあらすじでもって、すべてのすじが露にされてしまっているのですが。

大筋は本当に上記のあらすじの通りなのですが、この「リス」は、あくまで文字ベースのログでしかないのです。主人公である男は、ただひたすら画面の中の「木に登った」や「木の実を埋めた」といった文字列を追いながら、ランダムに動きまわるリスを観察しているのです。

男はさまざまな物が自動化されていく世界の中に暮らしていて、掃除夫の仕事を掃除ロボットに奪われ、トラック運転手の仕事を自動運転プログラムに奪われ、トラック自動配送プログラムを監視する仕事をトラック自動配送プログラムを自動監視するプログラムに奪われます。

そういった、自動化の波に自身の仕事を奪われていく人生の過程の中で、男はリスを眺めています。この先の未来においても男は自動化に仕事を奪われていくことが語られますが、小説上フォーカスが置かれている現状においては、男はリスを眺め、リスが生き生きと動き回っているさまを想像しているのです。

まあ、そういう小説です。

円城さんの小説の中では、とても理解しやすい作品だと思います。

あと、作品のイメージに合った絵を適当に探してきました。これが男性だったらカンペキにイメージどおりなんですが、残念。

150827_books_02

18ページと短い小説なので、円城塔さんの小説を読んだことが無い人がいましたら、是非手にとってみてはいかがでしょうか!(kindleないと駄目だけど)

ちなみに、僕個人が一番好きな円城さんの小説はSelf-Reference ENGINEです。なんかよくわかんないけど切なくて遠大な、途方も無い感じがとてもすきです。最近の映画ですが、インターステラー観たときの感じと、ちょっと似てます。SFってとこしかあってないけど。

―――おわり

 

twitter_please

関連記事

『人間性』とは何か?森博嗣の新シリーズ「彼女はひとりで歩くのか?」

ふがしです! なんか講談社が新しく出す文庫シリーズのファーストラインナップの作家人が、

記事を読む

創造性をもたらすものは何か?円城塔の短編『やつがしら』

ふがしです! SFでデビューしたものの、SF作家といっていいのかよくわからない謎の存在

記事を読む

スティーブンキングの名作『ダークタワー』が山田章博の書き下ろし表紙の新装版に!

ふがしです! 以前に新潮から最終7巻まで刊行(16分冊)されていた、スティーブンキング

記事を読む

【青空文庫】円城塔の新作短編『ぞなもし狩り』が無料で読める!

  ふがしです! こちらのブログで、過去何回か紹介している円城塔の新作『ぞなもし狩り

記事を読む

ペルソナ5の設定画集の発売が12月26日に決定!

  ふがしです! 発売を心待ちにしていた、ペルソナ5の設定画集の発売が、ようやく決定しま

記事を読む

映画ダークタワーの予告編が公開!って、日本公開は未定ですか・・・

  ふがしです! スティーブンキングのライフワーク作、ダークタワーの映画が製作中で、日本

記事を読む

【すべてはモテるためである】あなたがモテないのはバカだから?臆病だから?両方だから?

ふがしです! 同じ業界に務めている、男からも女からもモテモテの、仕事がくっそできるクー

記事を読む

【感想】スティーブンキングのミスターメルセデスを読んだ!

ふがしです! その昔、図書室にあった暗黒の塔の面白さに一目ぼれして、スティーブンキング

記事を読む

森博嗣のWシリーズは2017年も3冊刊行で2018年以降も10巻以上刊行される模様!さらに待望のXシリーズ最新刊『ダマシ×ダマシ』も!

  ふがしです! (本ページには、Gシリーズ10巻目『χの悲劇』に関する重大なネタバレが含ま

記事を読む

ヘンテコだけが持ちネタじゃない!野崎まどの新シリーズ始動!『バビロン』の感想!

ふがしです! 講談社が今年(2015年)の10月から刊行を始めた新レーベル「講談社タイ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。



  • いつも独り言ばかりで寂しいから、是非フォローしてください。オナシャス!!
  • 相互RSS(募集中!