*

『人間性』とは何か?森博嗣の新シリーズ「彼女はひとりで歩くのか?」

公開日: : 最終更新日:2015/12/20 ,

151108_w_01

ふがしです!

なんか講談社が新しく出す文庫シリーズのファーストラインナップの作家人が、「森博嗣」に「野崎まど」と、くっそ激烈に気になる面々だったので、さっそく買って読んでみました。

今回は森博嗣氏の「彼女はひとりで歩くのか」。

これは「S&M」「V」「四季」「G」「百年」シリーズに続く新シリーズ「W」シリーズの一作目とのこと。

 

多少序盤のネタバレを含むがオチまでは到達しないあらすじ

近未来、ウォーカロンと呼ばれる人口有機生命体と共存している人類は、種の存続の岐路に立たされている。

臓器培養やクリーンな細胞の生成によって平均寿命は190歳ほどにまで伸びたが、子供が生まれなくなってしまったのだ。

そんな夕暮れの世界で、主人公は「人間とウォーカロンを識別する研究」を行っている。

技術が進化した世界において、人間とウォーカロンの違いは「人間から産まれたか、人間から培養されたか」である。

外見だけでそれを判別することは難しく、死後の脳細胞を識別して初めて区別できるような違いしか存在しない。

しかし、主人公の研究が完成すれば、曖昧に混じり合おうとしている境界線に、明確な線を引くことが可能なのだ。

その主人公が、何者かに命を狙われる。

襲撃者の目的は「境界の明確化」を拒むウォーカロンなのか、人間なのか、それともそれ以外の何かなのか?

――といった感じ。

森博嗣らしい淡々とした調子で、薄暗く静かな物語が展開していきます。

正直、ここ最近の宙ぶらりんなGシリーズに比べると、はるかに面白いと思いました。

森博嗣が好きだけど、ここ最近のシリーズはなんだかなぁ・・・って人は、結構満足できるんじゃあないでしょうか。

ただし、ミステリー的な展開はあまりなく、ほぼSFといった感じなので、そこだけは注意かな。

現代を描くGシリーズと、近未来を描くWシリーズ、未完のこの二つのシリーズが結びつく結末とは一体何なのか、気になります!

―――おわり

【2015/12/20追記】

「彼女はひとりで歩くのか」の続刊。Wシリーズの二巻目の発売が1月に決定!


twitter_please

関連記事

【青空文庫】円城塔の新作短編『ぞなもし狩り』が無料で読める!

  ふがしです! こちらのブログで、過去何回か紹介している円城塔の新作『ぞなもし狩り

記事を読む

スティーブンキングの名作『ダークタワー』が山田章博の書き下ろし表紙の新装版に!

ふがしです! 以前に新潮から最終7巻まで刊行(16分冊)されていた、スティーブンキング

記事を読む

自動化の果てに自我は存在し得るのか?円城塔の短編『リスを実装する』

ふがしです。 一年に平均50冊くらいしか本を読まない僕は、大体決まった好きな作家さんの新作を追

記事を読む

【すべてはモテるためである】あなたがモテないのはバカだから?臆病だから?両方だから?

ふがしです! 同じ業界に務めている、男からも女からもモテモテの、仕事がくっそできるクー

記事を読む

【感想】スティーブンキングのミスターメルセデスを読んだ!

ふがしです! その昔、図書室にあった暗黒の塔の面白さに一目ぼれして、スティーブンキング

記事を読む

ヘンテコだけが持ちネタじゃない!野崎まどの新シリーズ始動!『バビロン』の感想!

ふがしです! 講談社が今年(2015年)の10月から刊行を始めた新レーベル「講談社タイ

記事を読む

創造性をもたらすものは何か?円城塔の短編『やつがしら』

ふがしです! SFでデビューしたものの、SF作家といっていいのかよくわからない謎の存在

記事を読む

森博嗣のWシリーズは2017年も3冊刊行で2018年以降も10巻以上刊行される模様!さらに待望のXシリーズ最新刊『ダマシ×ダマシ』も!

  ふがしです! (本ページには、Gシリーズ10巻目『χの悲劇』に関する重大なネタバレが含ま

記事を読む

森博嗣のWシリーズは最低でも6巻まで続くっぽい!

ふがしです! 講談社タイガ文庫で現在2巻目まで刊行中の、森博嗣のWシリーズですが、てっ

記事を読む

森博嗣のWシリーズの第二巻が1月に発売決定!

ふがしです! 10月に刊行開始した講談社タイガ文庫のローンチタイトルだった、静かな夕暮

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。



  • いつも独り言ばかりで寂しいから、是非フォローしてください。オナシャス!!
  • 相互RSS(募集中!