*

スティーブンキングの名作『ダークタワー』が山田章博の書き下ろし表紙の新装版に!

170211_darktower_01

ふがしです!

以前に新潮から最終7巻まで刊行(16分冊)されていた、スティーブンキングのスターシステム的作品、ダークタワーが、今年の秋の映画化を前に、山田章博の新たな表紙で、KADOKAWAから新装版として刊行されているようです。

KADOKAWA「ダークタワー」シリーズ特設サイト

 

僕がスティーブンキングにはまったのは、20年前に角川文庫から出ていた初代の暗黒の塔(ダークタワーと同じ内容で訳者違い版)がきっかけでした。見渡す限り遮るもののない砂漠でただ一人、自分の敵である黒衣の男を追うガンスリンガー、という物語の雰囲気が当時中学生だった僕の脳みそに重篤なダメージを与え、以降RPGツクールで作るゲームは何かしら暗黒の塔っぽい雰囲気を帯び、授業中にする妄想も暗黒の塔っぽい雰囲気を帯び、数年後流行りだしたネットゲームのあらゆるハンドルネームはすべてローランドになり。僕の青春の三分の一は暗黒の塔といっても過言ではない感じです。残り三分の一はジョジョで、最後の三分の一はFF11です。

そんなわけなのですが、Amazonレビュー(過去の新潮版)を見るに、多くの人は一巻はちょっと微妙、という評価が多い模様。本番が現実世界とを行き来する異世界モノの逆になるスリリングな2巻以降なのは確かにそうなのですが、1巻も雰囲気がクッソ激烈に最高なので、是非手にとって、ついでに最後まで読んでください。

―――

 

関連記事

【すべてはモテるためである】あなたがモテないのはバカだから?臆病だから?両方だから?

ふがしです! 同じ業界に務めている、男からも女からもモテモテの、仕事がくっそできるクー

記事を読む

【感想】スティーブンキングのミスターメルセデスを読んだ!

ふがしです! その昔、図書室にあった暗黒の塔の面白さに一目ぼれして、スティーブンキング

記事を読む

自動化の果てに自我は存在し得るのか?円城塔の短編『リスを実装する』

ふがしです。 一年に平均50冊くらいしか本を読まない僕は、大体決まった好きな作家さんの新作を追

記事を読む

『人間性』とは何か?森博嗣の新シリーズ「彼女はひとりで歩くのか?」

ふがしです! なんか講談社が新しく出す文庫シリーズのファーストラインナップの作家人が、

記事を読む

森博嗣のWシリーズは最低でも6巻まで続くっぽい!

ふがしです! 講談社タイガ文庫で現在2巻目まで刊行中の、森博嗣のWシリーズですが、てっ

記事を読む

森博嗣のWシリーズは2017年も3冊刊行で2018年以降も10巻以上刊行される模様!さらに待望のXシリーズ最新刊『ダマシ×ダマシ』も!

  ふがしです! (本ページには、Gシリーズ10巻目『χの悲劇』に関する重大なネタバレが含ま

記事を読む

ペルソナ5の設定画集の発売が12月26日に決定!

  ふがしです! 発売を心待ちにしていた、ペルソナ5の設定画集の発売が、ようやく決定しま

記事を読む

際限の無い飢餓と怒りこそが人類の根源。みずは無間の感想

ふがしです! 本屋をぷらぷらしてたら、以前単行本で出てたみずは無間が、文庫化(ハヤカワ文庫なん

記事を読む

ヘンテコだけが持ちネタじゃない!野崎まどの新シリーズ始動!『バビロン』の感想!

ふがしです! 講談社が今年(2015年)の10月から刊行を始めた新レーベル「講談社タイ

記事を読む

映画ダークタワーの予告編が公開!って、日本公開は未定ですか・・・

  ふがしです! スティーブンキングのライフワーク作、ダークタワーの映画が製作中で、日本

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。



  • いつも独り言ばかりで寂しいから、是非フォローしてください。オナシャス!!
  • 相互RSS(募集中!