*

【ビットコイン】結局、暗号通貨(仮想通貨)ってなんなの?【イーサリアム、ネム(NEM)】

170814_crypt_03

ふがしです!

今年2017年の6月に暗号通貨投資に興味を持って、60万円分ビットコインとイーサリアムを買った僕ですが、その後いろいろあって総額25万まで減って、現在ネム(NEM)に切り替えて85万まで上ってきた僕の話は、前回ちょろっと書きました。

最初に買おうと思ったときは、本当に単純に「すごい勢いで値段が上がってるから、良くわかんないけど買ったら僕も儲かりそう!」っていう、小学生みたいな勢いだけしかありませんでした。

暗号通貨って結局なんなの?

しかし、60万円も突っ込んだわけですから、この暗号通貨というものが具体的にどういうものであるのか、ということを後追いで調べたわけです。

でも、ぶっちゃけ良く分かりませんでした。いろんなブログを読んだり、本を読んだりしましたが、結局僕が100%納得できる答えは得られなかったわけです。(そんなものに60万も突っ込んでるのか・・・というのは置いといて)

先日も、ビットコイン分裂問題の際にNHKが特集を組んだりしましたが、あれも結局「ビットコインにめっちゃ投資してめっちゃ儲けてる人もいるけど詐欺もあるよ!」という、投資商品としての紹介でしかなく、僕が知りたいなと思っていたような事について微塵も語られておらず残念でした。

具体的に何がどう分からないのか、というと。

暗号通貨(というかブロックチェーン)が社会に対して果そうとしているインフラ(インタフェース?)としての役割と、それに対して皆がやんややんやとお金を出してバベルの塔もかくやというバブルを築こうとしている現状が、どうしても脳みその中で一致しないのです。

おそらく間違っているであろう僕の認識だけをつらつらと書いていきます。

周りにまったく暗号通貨をやっている知り合いがいないため、何がどうなのか質問したり話しあったりも出来ないため、一方的に僕が見たり読んだりして認識したことが書かれているので、正直詳しい人がいたら、「違うよ」と指摘して頂きたい。

 

僕の認識【ビットコイン(BTC)】

The bit coin on white background

そもそもビットコインだとか暗号通貨というものはブロックチェーンという、実質書き換え不可能な非中央集権の分散システムによって管理者不在の状態でネットワーク上に展開しているプログラムのことなわけです。これに値段を付けて取引しているという状態なわけです。

そして、後述するイーサリアムだとかネムだとかとは違って、ビットコインは基本的にそれ以上の役割はなく、本当にネットワーク上で誰にも操作できない安全な価値として、みんなが取引しているわけです。

ぶっちゃけ、まだイーサリアムとかネムとかの値段がバカスカ上がるなら分かるんですが、ビットコインが一粒40万円もしている意味が良く分からないんです。要するに最初の暗号通貨としての珍しさに付いた価格がそのまま尾を引いて世の中の勢いに乗っている、ということでいいんですかね?

 

僕の認識【イーサリアム(ETH)】

170814_crypt_01

現在ビットコインについで第二位の時価総額を持つイーサリアム。

大きな特徴は、純粋に取引履歴を数珠繋ぎにしていくだけのビットコインとは違って、スマートコントラクトと呼ばれる、取引契約の自動実行機能を持っていることがあげられます。

これはブロックチェーン上で展開するアプリケーションに特定の取引を自動実行するように設定しておくと、あとはサーバなどの中央管理装置を一切必要とせずに、ブロックチェーン上で必要な処理がすべて成される、といういものです。しかし、具体的に現在この仕組みをつかって日常的に使えるアプリケーションが存在しないため、僕のようなクソ雑魚一般ピープルには、いまいちピンとこないですよね。

しかし、この暗号通貨界隈がビットコインの単純な値段以外で盛り上がっている最大の要因は、ビットコインよりも後にリリースされた暗号通貨たちが持つこのスマートコントラクトとしての機能の未来性にあるようです。この機能が将来的に世界を席巻すると思っている人が大勢いるのでしょう。

しかし、6月下旬に行われた、StatusのICO(これについては別の機会に)時に、大量のトランザクションが捌ききれずに処理遅延が発生してしまったことから、現在は若干イーサリアムは冷めた目で見られているように思えます。値段も6月中旬の値段まで戻ってませんしね。

僕の認識【ネム(XEM)】

170814_cryp_02

現在、時価総額第四位?五位?らへんをウロウロしているこのネムは、ビットコインやイーサリアムと比べるとかなり新しい暗号通貨です。

新しいだけあって、持っているスマートコントラクト機能が豊富で、さらには今現在10月のCOMSAのICO(今度くわしく書きます)にむけて結構な盛り上がりを見せています。

ネムの特徴は、ビットコインなどのハイスペックマシンを用いてマイニングすることで報酬を得られる「PoW」とは異なる、取引量などを用いた指標インポータンスによって得られる報酬が決定する「PoI」があげられます。

また、ビットコインなどのように常に全体量が増えていくのではなく、最初に定められた90億XEM(NEMの単位)からは増えない、というのもあるでしょう。

最終的に、ネムが今のビットコインみたいな値段になったら凄いよなあ、と思って毎日を過ごしています。(夢見すぎ)

と、いうのはいいんですけど・・・

結局、この暗号通貨がものすごい勢いで値段上がっていってるのって、単純に今後いろんなアプリケーションの間で右へいったり左へ行ったりする情報に、みんなが期待を込めて値段をつけて取引してて、それが滅茶クソ加熱してるよ!ってことでいいんでしょうか?

水道管を流れる水とか、電線を流れる電気とか、そういうモノに値段つけて取引してるってことになるんですかね?それとも土地?現実のものに置き換えて考えてる時点でダメなのかな・・・。

―――おわり

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

関連記事

The bit coin on white background

暗号通貨(仮想通貨)は下がったり上がったりクソ忙しい!

ふがしです! 6月の半ばに買い始めた暗号通貨(仮想通貨)、最初は特に何も調べずに、勢い

記事を読む

170815_cryp_01

【暗号通貨】8月現在の僕のポートフォリオ【仮想通貨】

  ふがしです! 連日暗号通貨関連の記事ばっかり書いておりますが、本日は僕の所持している暗号

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>


  • 相互RSS(募集中!
  • FF14クラフター向け
    素材個数自動計算サイトソレ・デ・ナンコ

    3DCG友だちの複数人によるブログ
    クリエイター天地創造期

  • いつも独り言ばかりで寂しいから、是非フォローしてください。オナシャス!!